テレハンドラー
、それともホイールローダー?

両方とも利用しましょう。
SML-Power搭載のレスコピックローダーをご利用ください!

SCROLL DOWN

ご必要なのは、テレハンドラー、それともホイールローダー?

テレハンドラー は、引き上げ二又を用いたスタッキング作業に最適です。 足場を安全に保つことができ、テレスコピックブームの助けを利用することで長いリーチが得られます。 そして、コンパクトなつくりなので、作業現場が狭くても、高い操縦性が保証されます。  

ホイールローダー はこれに対し、ショベル運転に最適化されています。 推力と牽引力が強いので、重い資材を拾い上げて積み込むことができます。 特に複数交代操業では、この機械の堅牢な構造と信頼性の高いエンジンが欠かせません。

両方とも利用しましょう。

SML-Power搭載のレスコピックローダーをご利用ください!

SML-Powerとは?

両方からいいとこ取り

当社のマルチライン・テレスコピックローダーは、テレハンドラーとホイールローダー両者のテクノロジーのメリットを組み合わせた、他に類を見ない機械です。

私たちは、こうしたメリットをSML-Powerと名づけました。

ロゴ SENNEBOGEN SML Power テレスコピックローダー / テレフォークリフト / マルチライン

SML-Powerの詳細

高い堅牢性と安定性

重い資材を積み込むには、頑丈な構造の機械が必要です。 当社のテレスコピックローダーに備えられている頑強な鉄骨フレームと強力なテレスコピックブームは、ハードな連続運転向けに設計されています。 牽引力と推力が高いため、マテリアルハンドリングにおける一般的なホイールローダーの作業をこなすことができます。 また、操縦中でも重心が一定しているので、資材の積み込みまたは積み上げ時でも、非常に安定しています。

多機能 -  堅牢なクイックスイッチ装置を利用すると、わずか数秒で容量4.0m³のバケットをリフトフォークに切り替えることができます。 吊り上げ高さは8.5m、最大積載量は最大5.5tなので、従来のテレハンドラーやテレスコピックフォークリフトの作業を担うことが可能です。 

ホイールローダー、それともテレハンドラー? SENNEBOGEN SML Power

SML-Powerの詳細

運転席から最高の展望を

作業中の視界が確保されます - キャビンは無段階で上昇するので、視界をそれぞれの作業条件に適合させることができ、高さ最大4.25mの視点から全周360度を見廻すことができます。

積載または積み上げ作業中には、上昇したキャビンの一体型フロントガラスから、コンテナやトラックの移動式フロアがよく見えます。 自分が何をしているかを目視できるので、作業が大幅に簡単、効率的になります。 上昇した位置で全周を見渡せるので、慌しい作業現場での作業安全性も確保されます。 

ホイールローダー、それともテレスコピックローダー? SENNEBOGEN SML Power Logo

SML-Powerの詳細

コンパクトで小回りがきく

狭いスペースでも、A地点からB地点に簡単に資材を積み込めます。 全長6m以下、旋回半径4m以下のテレスコピックローダーなら、限られたスペース内でも自在に動くことができます。 また、全高が3m以下と低いため、低い通路でも通過でき、低床貨物車での輸送も問題ありません。

選択可能な3つのステアリングモード――全輪ステアリング、前車軸ステアリング、クラブステアリング――を組み合わせることで、またとなく柔軟な運転が可能になります。 さらに、3種類の運転モードから選択できます - ローダーモード(バケット操作用)、フォークリフトモード(フォークリフトモード作業用)、道路モード(道路走行用)。 このように、あらゆる状況に適したアプローチがあるので、変化に富んだ作業環境に最適です!

ホイールローダー、それともテレハンドラー? SENNEBOGEN SML Power Logo

SML-Powerの詳細

より大きなブレイクアウト力と長いリーチ

テレスコピックブームとZキネマティクスを巧みに組み合わせ、テレハンドラーとホイールローダーの技術を理想的に融合しました。 中央に配置されたテレスコピックアームは、その頑丈な構造と傾斜したエッジにより、ねじれに強く、力を最適な形で伝達します。 テレハンドラーの様にテレスコピックブームが搭載されているので、リーチは最大8mとなります。

当社のテレスコピックローダーでは、ホイールローダーで見られるZキネマティクスが採用されているので、最大85kNの高いブレイクアウト力が備わっています。 これは、従来のテレハンドラーを最大80%上回る値です。 バケットで資材を拾い上げる際には、ブームヘッドのZ型配列によってバケットシリンダーの力が直接ブレイクアウト力に変換されるため、高度に圧縮された資材でも最大のパワーで取り出すことができます。 これは、要件の高い用途にとても適しています。

ホイールローダー、それともテレスコピックローダー? SENNEBOGEN SML Power Logo

SML-Powerの詳細

複数交代操業のために設計

この機械は複数交代操業での使用が可能です。 その際には、高出力エンジンと完璧に調整されたトランスミッションが役立ちます。 無段階駆動によって、低速での正確な運動が容易になり、そして最大40 km/hで次の作業場所に移動することもできます。

2台の機械を1台に融合 - 当社のテレスコピックローダーは、付属装置に応じて、ホイールローダーとテレハンドラーの両方のタスクを処理できます。 重い資材の積載、積み込み、取り付け、圧縮、または正確なスタッキング作業。 リバーシブルファンを搭載しているので、埃の多い環境で持続的に長時間運転しても、一貫したエンジン性能が保たれます。

また、キャビンの振動が抑制されているので、運転手はゆれを気にせずに作業をおこなうことが可能で、キャビンが上昇可能なので自らの目の高さで作業でき、首にも優しくなっています。

パンフレット

German file

355 E テレスコピックローダー

興味ある? テレスコピックローダーを借りてみましょう

SENNEBOGEN テレスコピックローダーを借りる

自分で納得してください-割安でリスクもありません

試して購入する: まず試して、それから乗り換えよう!

ビギナーのための特別サービスは

  • SML-Powerを装備した355 E テレスコピックローダーをひと月 1.400 ユーロで借りよう*
  • 保険付き
  • 購入の際の賃貸請求

*輸送費および付属装置別で税抜き賃貸価格; 一時利用可能. 契約期間、最大3か月 SENNEBOGEN Vertriebs GmbH & Co. KGの一般賃貸契約が適用されます

ご連絡をお待ちしています!